CATEGORIES
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

RECOMMEND
SPONSORED LINKS
 
GINZA petit marche ロゴ
銀座プチ・マルシェの最新情報をお届けいたします。
あなたの「おいしい」はきっと誰かの幸せにつながっています。

次回の銀座プチ・マルシェは7/24(日)です。お楽しみに〜。福島の飯舘村のみなさんがいらっしゃいます!
<< 「つながり」をたどって | main | プチ・マルシェ2009 ミーティング >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
山形県金山町で
金山杉で有名な山形県金山町を訪れ、「農村と都市の新たな関係を考える
シンポジウムin かねやま」に参加してきました。

1878年イギリスの旅行作家イザベラ・バードが
「ロマンティックな雰囲気の場所」と形容し、100年先に向けて
「街並みづくり100年運動」を1984年から続けることにより、
地元の杉を地元の職人が使って作った金山型住宅が並ぶ
それは美しい町でした。
金山町ウェブサイト:http://www.town.kaneyama.yamagata.jp/

シンポジウムでは、基調講演で群馬県上野村の哲学者、内山節先生が、
人類史始まって以来の人のつながりが希薄になった中での
経済・社会・国家の劣化に対応するためには、
多様な連帯、結びあいによるローカルな暮らしを積み上げていくことが
必要であるとのお話をされました。

金山町では廃校となった森の中の分校を活用した四季のがっこうや、
自創自給の暮らしを続ける12戸の共生のむら「すぎさわ」、
美しい街並みをボランティアで案内する街並み案内人など、
そこに住む人々が結びあって、無事で静かな暮らしをしていました。

地元自給率100%のそばや地元の食材を使ったお母さんたちの
心のこもった手作り料理はこの上なくおいしく、
樹齢280年の杉の美林の前に、自然の中で生かされていることを
改めて感じました。
 

かんじき初体験で一面真っ白な雪景色の中を歩き、
金山町の皆さんのいい笑顔に、心の洗濯をさせてもらった週末でした。



| スタッフ日記 | 23:42 | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:42 | - | - | pookmark |









http://p-marche.jugem.jp/trackback/107
_62w0CBFgFB
今日は最近の個人的に話題の山形県について語ります。私の周りでは山形県について話す...
| 山形県 | 2009/02/17 1:11 AM |
_62w0CSC203C7e99
ブログのランキングサイトなんか調べて見ると、ここにも山形県について書かれた記事...
| 山形県 | 2009/02/20 1:48 PM |